忍道入門試験

忍者入門」のテキストの範囲から出題される忍道の入門試験です。

誰でも無料で何度でも受けることができます。

合格した後の流れはこちらを御覧ください。

伊賀忍法帖や甲賀忍法帖を書いたのは誰か?
高い所から羽織を広げてパラシュートのように飛び降りる忍術は?
武田信玄が伊賀流と甲賀流を一つにした流派は?
徳川十六神将の一人で伊賀忍者の頭領と言われているのは誰か?
祈祷をして歩く女性に目を付け、女性忍者集団の養成所を作ったのは誰と言われているか
忍者がつけこむ人間の欲「五欲」に当てはまらないものはどれか?
忍者が番犬を大人しくさせたり暗殺に用いていたものは次のうちどれか?
忍道の理念はどれか?
五情は忍者がつけこむ人間の感情であるが、「喜」「怒」「哀」「楽」ともう1つはなにか?
標的の信頼を得るための心がけの内、相手の家族に何をすると良いとされていいるか?
忍者の活躍の場が広がったとされる戦国時代はいつからと云われているか?
忍者は会話から伊賀の者とバレないように、伊賀のことを代わりになんと言っていたか?
緊急事態を知らせるために使った「のろし」には何を使ったとされるか?
松の実にはどのような効能があると信じられていたか?
忍者を現す名として誤っているものはどれか
甲賀の忍が足利義尚から六角高頼を助けるために行った主な戦法は山中の奇襲攻撃と何か?
姿を見せながら知恵を駆使して敵の中に入り込む忍術をなんというか?
聖徳太子が情報収集に使っていたとされるのはどれか?
九字護身法の七番目はどれか?
伊賀崎道順が鉄砲の名手として紹介されているのはどれか?
忍者の妻子や親族に求められることは何か?
水中から顔だけを出し、頭に水草や木の葉を乗せて隠れる術を何というか
武田氏に仕えていた忍者を何と呼ぶか?
1370年頃のある書物には「忍び」という言葉が登場する。この書物はどれか?
忍者が侵入の際に使用したという、次の道具の名称は?
忍術に必要な本質としてあてはまらないものを選びなさい
万川集海における忍者の資質について、次の内誤りはどれか?
上杉謙信が使っていたと云われる忍者集団はどれか?
忍術書「萬川集海」は何篇で構成されているか?
穴を掘ったり扉をこじ開けるなど万能ナイフのような役割をした忍者の道具は?
三大忍術書と云われている三つの書に数えられていない書はどれか?
標的の信頼を得るための心がけのうち、公式テキストに載っていないものはどれか?
忍道において「和」を実現するために最も必要なものとは何か?
伊賀や甲賀地方で使われていた忍び装束はどのようなものだったか?
1681年に名取三十郎正澄が著した忍術書はどれか?
傭兵として働いていた忍者のうち、現在の和歌山県に存在していた集団はどれか?
忍び刀の特徴として誤っているものはどれか?
次のうち「忍び六具」に当てはまらないものはどれか?
忍者は武器ではない物も武器として使ったとされるが、それはどういったものか?
甲陽流の忍術を真田家に伝えたとされる忍者は誰か?
忍道入門試験
忍道入門試験は、{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問正解でした。
{{title}}
{{image}}
{{content}}